Topページに戻る

占星術でプラチナ相場を当てる シリーズ 3

2003/2/28の東京プラチナの転換日が当たりました。

2/27と2/28の2日間で重要アスペクトを作りました。
月は赤の→印のように日々動いており、2/27は○で囲っているように金星とコンジャクション(0度)となり
2/28に赤線で示すように木星とオポジション(180度)となります。

よって この2日間が転換日としてはふさわしく、当サイトの会員さんには2週間前から転換日の予想を出していました。

本日 3/4であるが 明日の3/5も高いと思われ、予想的中であります。



そして 2週間前に予想を建てた、予想チャートを示します。会員ページに掲載してあるものをそのまま転載しております。
下記は、その予想チャートとその説明です。

この占星術による転換日予想だけでも、会員になる価値はあると思っています。
それ以外にも、各種指数を駆使して分析しております。私は占星術師ではなく、占いの知識のあるトレーダーなのです。
トレードの知識のある占星術師と意味が全く違います。



プラチナの予想チャートです。このチャートをもとにコメントいたします。

 最新の予想チャートが下記のものです。
先週の予想の結果は私の予想より50円下で推移し、修正予想チャートです。今度安値を付ける日転換日は2/27と予想します。
価格は2320+−10円くらいです。その後 急反発を予想します。
 もしも 2320の次の下値ライン 2280円まで行ったとしても、それは一瞬のため、全力で買い出動です。


 安値日の予想に使っている定数1.61は有名なフィボナッチ比率である。24本上昇 ÷ フィボナッチ比率 =  次の転換日までの本数であります。
 それによれば2/26となります。
 西洋占星術によれば 2/27が金星と月のオポジション 2/28が木星とオポジションとなり2日連続で重要アスペクトを作ります。

そういう理由で 間をとって2/27が次の安値転換日と予想します。(明快な理由です、感とかなんとなくではなく科学的計算による予想です。) 




上記チャート 2003/2/16 20:00作成です。


ジャパンコモディティーズ  LWJハイパーリンク集  LWJのお奨め書籍紹介  
先物データドットコム 株式データドットコム  為替データドットコム 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO